ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾

 

 

ある雑貨屋の店主が始めた手紙での相談室が、時を超えて起こす奇蹟の話。

 

不思議な感動ストーリーです。

 

つい最近まで僕が心理療法系の本を読み漁っていたため、カウンセラーでもないのにカウンセラー的視点から物語を見てました。

 

人は、相談することによって、自分の悩みを書いたり話したりと言語化するから、自分のことを客観視できて解決策を見出していくんだな、という印象です。

 

 

まあ、そこは置いといて、東野圭吾さんの作品はまだ2、3冊しか読んでませんが、今回もかなり感情を揺さぶらた、おもしろい作品でした。

 

前に読んだ『秘密』もそうでしたが、今回も最後のオチで、良い意味で意表を突かれました。

 

 

短編がいくつかあるのかと思いきや、全部が繋がってるんですよねー。

 

この構成を考える創造力、すげーや。

 

 

ちなみに、映画の方はどうなんだろう。
今度、観てみようかな。