SUBARU R2 ロアアームボールジョイントブーツ交換

SUBARU R2 ロアアームボールジョイントブーツ交換

 

 

どうも、ユウマです。かれこれ10年くらい車イジリをしている素人です。

エンジンO/H以外のほとんどの整備を自分でやってきました。ゆくゆくはチューニングもですが、まずは自動車整備を極めることを目標にしています。

そして現在、「スバルR2日本一周計画」進行中です。

 

 

今回は車検に向けての整備で、ロアアームのボールジョイントブーツを交換します。

ブーツ類が破れている場合は車検に通りませんので、必ず新品と交換します。

 

今回の記事では、R2のロアアームボールジョイントブーツの交換方法を解説します。

※僕がやりやすいと思ったやり方なので、こんなやり方あるんだ、ぐらいで参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

準備するもの

・スピンナハンドル

・ラチェット

・ソケット(14ミリ、17ミリ、19ミリ、30ミリ)

・メガネレンチ(14ミリ、17ミリ)

・マイナスドライバー

・バール

・針金

・ボールジョイントブーツ(350円)

・モリブデングリス

 

 

作業手順

1.ジャッキアップ

先にホイルナットを少し緩めてジャッキアップして、その後タイヤを外します。

もし万が一、車体が落ちてきても大丈夫なように、車体の下に置いておくのがベター。

 

 

 

 

 

2.ロアアームボールジョイント固定ボルト・ナットを緩める

赤○の14ミリのボルト・ナットを緩めます。その後バールでロアアームとハブの間をこじって分離します。

これで完全に分離できたのならラッキーです。ブーツ交換に進んでください。

 

ロアアームボールジョイント

 

 

3.ブレーキキャリパーを外し、ストラットとハブを分離する

17ミリのボルト2本を緩めてキャリパーを外し、針金でストラットに保持しておきます。

その後、ストラットの17ミリのボルト・ナットを緩めてハブと分離します。

 

 

 

 

4.ロアアームとハブを分離する

バールやマイナスドライバーで分離できるまで、こじってこじって、こじりまくります。

 

5.ブーツを交換する

古いブーツはマイナスドライバーでこじれば難なく外れます。その後、パーツクリーナーとウエスで掃除して、新しいグリスを充填します。

新しいブーツは30ミリのディープソケットをかませて、ハンマーで叩いたらはまります。

なければ、ウォーターポンププライヤーで少しずつ挟んでもはまります。

 

※この時にガタがないかもチェックです。ガタがあれば、残念ながらロアアーム交換になっちゃいます。泣

 

 

 

6.組付け

ストラットとボールジョイント固定ボルト・ナットは、ジャッキで1Gがかかっている状態にしてから締め付けます。

ブレーキキャリパーの固定ボルト、ホイルナットもしっかり締め付けて、3回はちゃんと締まっているか確認してください。

 

 

古いブーツは亀裂が入っていて、グリスが少し漏れていました。

 

 

 

まとめ

ブーツ交換は定番の整備ですが、走行中の異音の原因、最悪の場合は・・・、ってことにならないためにも、見つけたらすぐに交換が鉄則です。

今回、左側のブーツだけ交換しましたが、右側はまだまだいけそうでした。一応、ブーツはもう1個購入していていつでも交換できるので安心です。

これで車検も大丈夫でしょう。

 

 

 

重要なお知らせ

 

エアビー(民泊)のホストをしていた僕の、世に出すべきではないゲストとのあんなことやこんなこと、エッセイ集にして白状しました。

舞台は、沖縄から南米ブラジルやアルゼンチンにまで及び、共演者は、沖縄の子供からアジア人、南米人、フランス人、ヨーロッパの金髪美女とインターナショナル。

ヨーロッパの金髪美女がウチに泊まりに来た時ほどテンションが上がることは、この先体験できないでしょう。

 

※kindle unlimitedに加入している方は無料で読めますので、ちょっと覗いてみてください。

 

https://amzn.to/2MV5P1p

 

 

 

この記事があなたの役に立ったら、いいねやシェアお願いします。