延命措置! MacBook Air (13-inch, Early 2014) SSD交換 480GBへアップグレード

延命措置! MacBook Air (13-inch, Early 2014) SSD交換 480GBへアップグレード

 

 

どうも、ゆうまです。

ちょっと前にYouTubeチャンネル「Yuma’s LIFE」を始めたので、パソコンで動画の編集をしているわけです。

それに加えて「ジャムおじさんプロジェクト」も進めていて、プロジェクトの動画やブログ記事も書くので、ますますパソコンが必須になってきております。

 

そんな中で重要なのが、パソコンのスペックであります。

今回は、だんだん古くなってきた僕のMacBook Air 2014 early モデルを延命するために、SSD(記憶装置)を交換して容量アップと処理速度の向上を目指します。

 

※この記事では、MacBook Air (13-inch, Early 2014)の SSDの交換方法を紹介していきます。

SSD交換方法のうちのひとつですので、参考に留めていただければと思います。

 

 

スペック

MacBook Air (13-inch, Early 2014)

メモリ4GB ストレージ128GB

 

スペックについてはこんなもんでいいでしょうか?

 

重要な点は、128GBだとストレージが足りない寿命が近づいているからか処理速度が遅い(メモリ4GBってのもあるでしょうけども)の二点です。

※SSDの寿命は5年が目安と言われているようです。虹色マークがグルグル回る現象が頻発したら要注意です。

 

とりあえず、処理速度を計測してみると、こんな感じになりました。

 

 

これって、車でいったらアイドリング状態ですよね?

6年も経っているので、アイドリングストップ機能がついてないのに、ストップしそうで怖いです。

 

 

SSD購入

SSD交換に際していろいろリサーチしていると、こちらがよく出てきました。

 

【Transcend Mac専用SSD アップグレードキット】240GB 480GB 960GB

 

対応機種:【MacBook Pro (Retina)13″ (Late 2013 Early 2015)15″ (Late 2013 Mid 2015)

MacBook Air11″ (Mid 2013 Early 2015)13″ (Mid 2013 2017)

Mac mini(Late 2014):【Mac Pro(Late 2013)

 

 

ドライバーとThunderbolt対応ケース付きなので便利です。

 

交換方法

僕がかなり手間取ったので、あなたにも同じ思いをして欲しい……なんてことはありません。

失敗を踏まえて割り出した最短ルートを説明していきます。

 

 

バックアップを取る

もし失敗しても大丈夫なように、バックアップをとっておきましょう。

Apple公式ページで確認してください。外付けHDD、SSDが便利かもしれません。

※僕はこれから取り付けるTranscendの SSDにバックアップを取りましたが、結果的に無意味でした。

 

 

新SSDを初期化、OSをクリーンインストール、データ移行

僕にとって一番難しかったのが、この作業です。

何度もやってうまくいかなくて、最後に救世主のようなこの記事を発見しました。

 

やってみたら簡単!MacBook proのSSD交換とデータ移行の手順

 

MacBook Proでの作業みたいですが、やり方は同じです。

SSDの交換で部品の配置が違うので、心配な人は「データ移行」までやったら、この記事に戻ってきてくださいね。

 

次はいよいよSSDの交換です。

 

SSD交換

データ移行まで完了したら、SSDを交換していきます。

 

裏蓋を開ける

P5ドライバーで10本のネジを緩めます。

黄色の2本は長いネジですので、お間違えのないように!

 

バッテリーのコネクタを外し、SSDを抜く

ショートしないように、バッテリーのコネクタ(赤丸)を外しておきます。

次に、T5のドライバーで SSD 固定ネジを緩め、SSDを抜き取ります。

この写真でいうと、SSDを右方向に引っ張り、上に持ち上げると抜けます。

 

新SSDを挿入

ケースから新SSDを取り出し、抜いた時と逆の手順でMacBookにセットします。

バッテリーのコネクタを差込んで裏蓋を閉じたら完了です。

 

 

 

交換後

はい、しっかりとストレージが増えてました。

 

 

処理速度も爆速とは言わないまでも、アイドリング状態→加速状態になりましたね。

 

 

以上、僕のMacBook Air の延命措置でした。

新しくMacBookを買うよりも、だいぶ安く済ませることができます。節約したい人は、SSD交換という方法を考えてみてもいいのではないでしょうかね。

 

 

現場からは以上です。

 

 

この記事があなたの役に立ったら、いいねやシェアお願いします。