2018年11月

ココナッツオイルでシェービングッド

    どうも、ユウマです。 シェービングの時、カミソリ負けして痛いですよね。この記事を読めば解決します。 ※この記事では、ココナッツオイルでのシェービングについて紹介します。       僕が髭を剃り始めてかれこれ10年以上経ちますが、いつもカミソリ負けに悩まされてきました。 カミソリとは相性が悪く、連戦連敗で新記録更新中でした! 髭を剃ったあと […]

影響力の武器 ロバート・B・チャルディーニ

    あなたは、『限定50個』の激レア商品を買ったときは満足していたのに、しばらくして「なぜこの商品を買ってしまったんだろう」と後悔したことありませんか?     メンタリストDaiGoがオススメしていたロバート・B・チャルディーニ著の「影響力の武器」という本で語られるうちのひとつ、『希少性』という法則の『数量限定』という戦略に、能動的に反応して購入してし […]

クレイジーハロウィン最終話 リアルハロウィン

    約1時間、電車に揺られて空港にたどり着いた。 特にやることもないので、早めにチェックインを済ませて保安検査場を抜けて待合室に座った。       3日間夜通しで遊んだ韓国をもう離れるかと思うと、なんだか寂しい気持ちになった。だが、沖縄からソウルまでの飛行時間は2時間と、東京に行くより短い時間で来れるかと思うと、またいつでも好きなときに行ける […]

クレイジーハロウィン第16話 最後のランチ

    最終日、またしても清掃員のノックで目覚めた。 「チェックアウトの時間ですよ」 「はーい、すぐ出ます!」 時計はすでに11時を回っていた。支度をしているうちに、初日のこの宿で出会った日本人の女の子ふたり、アイリとアヤカのことを思い出して連絡してみると、すぐにアイリから返事がきた。       『私達、今からホンデでランチする予定だけど、一緒に […]

クレイジーハロウィン第15話 続 韓国ロマンス

    焼肉屋の店内に入ると、明日は月曜日、いや、すでに月曜日、午前2時すぎだというのに、意外にもたくさんの客が入っている。韓国の人たちは、そんなに焼き肉が好きなのか。 店内は、エイミーたちと行った庶民的な若者向けの焼肉屋とは違って、壁やテーブル、椅子などは黒で統一されていて、高級な雰囲気を醸し出している。こんな高級そうな店へ来てオレの懐事情は大丈夫かと思いながら、ハナさんと席 […]

クレイジーハロウィン第14話 韓国ロマンス

    パブに入ろうとすると、入り口に立っていたセキュリティの男がオレの目の前に立ちはだかり、ショルダーバッグを指さした。どうやら持ち物を確認するらしい。 特に何も持ってないけどな、と思いながらカバンの中身を見せると、飲食物の持ち込みは禁止らしく、男はカバンの中にあった水のペットボトルを取り上げて、いけと通してくれた。       中へ入ると、明日 […]

最高の体調 鈴木祐

    1997年に122歳で亡くなった、1875年生まれのフランスのジャンヌ・カルマン氏は、「世界一の長寿」としてギネスブックにも認定された人で、エッフェル塔の建設シーンをクリアに記憶していたり、85歳でフェンシングを始めて、100歳まで自転車でパリの町中を走り、114歳で女優として見事にセリフを言った。1988年のゴッホ生誕100周年のイベントで、実際にゴッホに会ったことが […]

クレイジーハロウィン第13話 パクさんとの再会

    エイミーと別れて切なさが残る中、この3日間の思い出に浸りながら電車に乗っているうちに、いつのまにか初日に泊まったシンチョンにあるゲストハウスにたどり着いていた。 ふと我に返り、親しみのある友好的なゲストハウスのオーナーのパクさん思い出して、またここにお世話になるのも悪くない、と思い階段をのぼってフロントにいった。       「こんばんは、 […]

第41話 アグン山制覇

    スタート地点の寺院が見えてからというもの、早く帰って眠りたいという気持ちが強くなって、足が自然と前へ前へと進んでいく。 先頭のガイドのおっちゃんは、相変わらず疲労の色を見せることなく、オレとゆうやと、少しずつ遅れ始めたリッキーのことを確認しながら先導している。普段から何度と登頂しているとはいえ、4、50代であろうおっちゃんの体力は驚異的である。     […]