知識の宝物庫(読書記録)

1/23ページ

【AIに勝つ!】AI vs 教科書の読めない子どもたち 新井紀子

    本当にAI(人工知能)に私たち人類の仕事は奪われるのでしょうか? 2000年代に入ってからというもの、徐々にAIが注目を浴びていますよね。 当初は、「すごい」というリアクションが多かったかもしれませんが、今では「 AIに仕事が奪われる」という心配も出てきました。   実際のところ、AIには何ができるのでしょうか? それを解説しつつ、私たち人間の強みが何なのか、 […]

【強制収容所を擬似体験】夜と霧 ヴィクトール・E・フランクル

    突然ですが、あなたの身に起こった人生で最も不幸なできごとを思い浮かべてみてください。 思い浮かべましたか?   ついてない出来事や人間関係などいろいろあると思いますが、第二次世界大戦中のユダヤ人たちが体験した強制収容所の生活よりかなりマシだと思います。 SNSの普及で「他人との比較」でメンタルを悪化させる現代社会ですが、他人と比較した方がいい場合もあります。 […]

【老化は病気!?】LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界  デビッド・A・シンクレア

    あなたの人生、何歳まで生きる予定ですか? 最後の5〜10年くらいは老人ホームで穏やかに過ごしたり、認知症など何らかの病気を患って病院のベッドの上で過ごすと思っていますよね?   では、こう考えてみてください。   もし今この記事を読んでいる時点での肉体的年齢、活力のまま120歳まで生きれるとしたら。     いや、あり得ないでしょ […]

【世の中嘘だらけ!?】うそつき うそと自己欺まんの心理学 チャールズ・V・フォード

    「嘘つきは泥棒の始まり」っていうことわざがありますよね。 これを真に受けると、人類全体が泥棒になってしまいます。 というのも、平均で男性は1日6回、女性は1日3回、男性は年間2190回、女性は1095回、あることをするというデータがあります。   これ、何の回数だと思いますか?     理想のセッ◯ス回数と思ったあなた、性欲モンスターですね […]

【盲人の世界を疑似体験】目の見えない人は世界をどう見ているのか 伊藤亜紗

    契約満了でNetflixでの配信が終了となったドラマ「デアデビル」を見たら、目が見えない人たちは日々どんな体験をしているのかが気になりました。 とりあえずググってみると、音の反響で景色を見る「エコーロケーション」なるものを一部の視覚障害者たちは使っているというのがわかりました。 ※参考記事「一部の視覚障害者は、自ら発した「音の反射」から景色を“見る”ことができる──その […]

【大衆扇動の天才】ゲッベルス ヒトラー帝国の演出者 クルト・リース

    2022年4月現在、ロシアとウクライナが戦争している中で、いま一度「大衆扇動」の仕組みを知りたいと思い、大衆扇動のエキスパートであるゲッベルスの本を読んでみることにしました。   僕は以前に「戦争プロパガンダ10の法則」や「プロパガンダ:広告・政治宣伝のからくりを見抜く」を読んだことがありますが、大衆扇動で必ず名前が上がってくるゲッベルスを読まないわけにはいき […]

【人が裏切る本当の原因】信頼はなぜ裏切られるのか デイビッド・デステノ

    あなたも一度は信頼してた人に裏切られたり、「あの誠実な〇〇(芸能人)が不倫!?」みたいなニュースを見たことがありますよね。 実はこのどちらも「信頼できる人」や「誠実な人」と思い込んだ時点で間違っています。   一体どこが間違っているのでしょうか。そこが本書の重要なテーマなので先に定義しておきましょう。   信頼は一定ではなく流動的。   & […]

【失敗は成功の元の証明】失敗の科学 マシュー・サイド

    エジソンの失敗に対する名言で   「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」   とありますが、実際は失敗するのって怖いですよね。     でも本書を読めば失敗をするのは当たり前で、重要なのはそこからどう学ぶかていうことがわかって、失敗への恐怖がかなり減ること間違い無いしです。 本書は才能と努力についてまとめた「 […]

【社会で生き抜く非常識な原則】悪いヤツほど出世する 権力を握る人の法則 ジェフリー・ふぇファー

    世の中には、リーダーは部下に尊敬されるべし、良い人であれ、みたいなリーダー論に関する本や、良いことだけ書かれた企業CEOの自伝本があふれています。 みなさんもスティーブ・ジョブズの話やデール・カーネギーの自己啓発本なんかを、一度は読んだことがあると思います。   しかし、世の中に出回る話はみんなが感動するような、もう少し正確に言えば、みんなが聞きたいような話で […]

【AIと人類の未来はどうなる!?】ホモ・デウス ユヴァル・ノア・ハラリ

    ホモ・デウスは人類史について衝撃を与えたサピエンス全史のあの著者の続編です。   前作で現代までの新事実を語り、本作でこれから人類がどのような道を辿っていく可能性があるかをかたります。 本作で核となるのは何と言ってもAIなどのテクノロジーですね。   まず本書で面白かった点は、人間を遺伝子をアルゴリズムに喩えることです。 最近の研究でわかってきている […]

1 23