SUBAUR R2 【内装ドレスアップ】 ドアウィンドウスイッチパネル アームレスト 塗装

SUBAUR R2 【内装ドレスアップ】 ドアウィンドウスイッチパネル アームレスト 塗装

 

 

どうも、ユウマです。かれこれ10年くらい車イジリをしている素人です。

エンジンO/H以外のほとんどの整備を自分でやってきました。ゆくゆくはチューニングもですが、まずは自動車整備を極めることを目標にしています。

そして現在、「スバルR2日本一周計画」進行中です。

 

こんな感じ↓

 

 

しかし、大問題が発生して車を乗り換えることになりました。

こちらチェック↓

 

今回はタイトルにある通り、ドア周りのパネルをスバルの青『WRブルーマイカ』に塗装していきます。

ザラザラした手触りをボティの塗装のようなツヤツヤ肌にすることを目指します。とはいえ、僕はプロではないので今回は8割の完成度を目指します。

 

車のスペック

2006年式 スバル R2 R 4WD MT

走行距離 99300キロ

エンジンEN07 DOHC NA

 

 

作業手順

1・パーツの取り外し

アームレストをマイナスドライバーや内張剥がしを使ってバラしていきます。

 

 

スイッチはビスを緩めてツメからズラしたら外れます。

 

 

ドアレバーはドアの内張にビスで固定されています。分解したらドアレバー土台の裏側から黒いゴムのストッパーを外し、バネをマイナスピックアップツールなどでこじれば外れます。

 

 

2・下地処理

プラサフの食いつきがよくなるように800番のサンドペーパーで全体的に磨きます。

 

 

 

次は塗装に向けてマスキングをします。一番これが大変です。

裏側は見えなくなるので、めんどくさい人は全部塗ってもいいんじゃないでしょうか。

 

※マスキングが終わったらシリコンオフで脱脂してくださいね。

 

 

塗りやすいように吊るしておきました。

最初に念の為、プライマーとしてミッチャクロンを塗りました。これで塗料の剥がれを防ぎます。

 

 

 

 

プラサフ+磨き

 

今回の作業で一番重要と言っても過言ではありません。

プラサフを何層にも厚く塗って、ニキビ肌からすべすべになるまで800番のサンドペーパーで磨きます。ザラザラが出てきたら再びプラサフを吹いて磨きます。

これを繰り返すことでかなりすべすべ肌に仕上がり、塗装完了時にツヤが出るようになります。

 

※僕はホワイトプラサフが大量に余っていたので白を使いましたが、WRブルーマイカの下地のメーカー指定はグレーのようです。

おそらく、ホワイトプラサフだと少し明るめの青になるのかな、と思います。

 

 

3・ベースカラー・クリアー塗装

一度に厚塗りは厳禁で、薄く塗りながら往復の回数を増やすことで艶を出していきます。

合間の乾燥時間は気温や湿度にもよりますが、5分から10分くらいですかね。目安は指で触れるくらい。

この時の気温20度くらい。湿度60から70だったような。

 

クリア塗る前の乾燥時間は15分から30分くらい。僕は15分とりました。

 

ベースカラーもクリアも三層くらいでいい感じになりましたよ。

 

 

4・仕上げの磨き

ボデーペンの説明書きには磨きは1週間後とありましたが、僕は3日でやりました。大丈夫でしたよ。

塗料が完全乾燥したのちペーパー2000番で磨き、コンパウンドセットで仕上げていきます。

これは細かいところは磨くのが難しいので、面積の大きな部分だけでいいと思います。

 

 

おまけ

ロックのつまみの部分も同じくWRブルーに塗装しておきました。

「ミッチャクロン+ブルー+クリア」でいけると思いましたが、なんか濃いめの青になったので、断念してホワイトプラサフも塗ってからWRブルーとクリアを塗りました。

 

 

 

5・完成

あとはドアに取り付けたら完成です。

 

 

 

感想

ドアを開けたら真っ先に飛び込んでくる鮮やかなブルーでかっこいいんですが、内張の微妙なグレーとあってないような気がします。

真ん中の部分も後々塗ってみようか検討中です。もしデザインに関してアドバイスなどあれば幸いです。

今回はパーツを取り外しから取り付けるまでの約1週間、ドンガラ状態でミラーの折り畳みや窓の開け閉めのたびにスイッチをコネクタに繋げたり、ドアを開ける時はワイヤーを直に引っ張るというおもしろい体験ができました。

ボディがR2-D2になるので、車内はせめてスバルの青で統一していきます。

これからさらにカスタムしていくので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

お知らせ

実は近いうちに、アンダーネオンを取り付ける予定です。

というのも、「ワイルドスピード2の34GT-R」みたいな雰囲気を演出して、文字通りワイスピ風の走ってる動画を撮るためです。

この僕が撮るんで、ただのワイスピ動画では終わらせません。すでにありえないオチも考えてます。

 

もし気になる場合は、僕のyoutubeチャンネル『Yuma’s LIFE』をチャンネル登録をして乞うご期待を。

 

 

※僕のYouTubeチャンネルでは、仲間たち(チャンネル登録者)ともにカッコいいR2-D2号、おもしろい・カッコいい動画を作ることを目指しています。

つまりみんなでアイディアを出し合って楽しむ、大人の遊び場です。

これを読まれているあなたの意見やフィードバックなどあると嬉しいです。

よろしくお願いします。

 

 

Yuma’s LIFE

 

 

 

 

最後に、スバルR2をR2-D2号にして日本一周する、なんてとんでもないことを考えてる僕が書いた『とんでもない冒険記』を紹介します。

『冒険で学ぶ人生のサバイバル術(上)(下)』、もし興味があればチェックしてみてください。

Kindle Unlimitedで無料となっています。

Kindle Unlimitedに入ってなくても、冒頭部分は無料で読めます。