魚が死をもって教えてくれた判断力の重要性

魚が死をもって教えてくれた判断力の重要性

 

 

今朝、僕はいつものように海岸沿いを散歩していました。

今朝はいつもより風が強くて、海は荒れ、波が激しく防波堤に打ち付けていました。

防波堤に打ち付けた波は水しぶきとなり、時折、歩道まで到達してきました。

 

その中で僕は、水しぶきを交わしながら散歩していたのです。(ほとんど交わしきれませんでしたけどね)

そうやって歩いていると、このような状況に遭遇したのです。

 

 

 

 

なに!?

殺人事件ならぬ、殺魚事件!?

 

 

ここは小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを読破した僕の出番ではないか。

 

 

僕は現場の状況を詳しく調べて、推理しました。

その間、わずか10秒。

 

 

僕の推理によると……

まず、この魚は今朝の波が高い状況によりテンションが上りました。

なぜなら、この魚が以前から憧れていたトビウオのように、高波を利用して飛べると思ったからです。

 

魚は夢中になってトビウオのように何度も飛びました。

そのうち、気づかずに防波堤の近くまで来てしまい、ついには防波堤を超えて歩道に着地してしまったのです。

 

その後、野良猫が多いこのエリアでは、当然ながらその猫たちに食べられてしまいました。

 

 

自業自得です。

 

 

このことから何が言えるかというと、

「テンションが上がると行動力は上がるが、それが必ずしも最良の結果をもたらすわけではない」

ということ。

 

つまり、人間はテンションが上がると衝動的に行動することがある。

しかし、それと同時に判断力も下がるわけである。

 

 

史上最高のF1ドライバーと言われたアイルトン・セナは

冷静でなければ次々に0.1秒の判断はできない。決して興奮などしていられない

と語っている。

 

 

僕たちは通常「メンタルを安定させる」とは、落ち込んだ状態から「元のフラットな状態に戻すこと」だと思いがちである。

しかし、判断力をベストな状態に保つには、セナが言うように興奮してもいけない。

ネガティブな状態では物事をネガティブに捉えてしまうし、ポジティブすぎても物事をポジティブに捉えてしまう。

両方の特性を知り、何事にも動じないメンタルを鍛えることが重要である。

 

 

メンタリストDaiGoさんがニコニコ動画で、成功に必要な要素の一つに「感情の安定」を挙げている。

感情が安定することによって衝動的な行動が抑えられ、生産性が安定するのである。

 

 

感情を安定させることがいかに大事かわかりましたよね。

ということは、勘のいいあなたなら、何が必要かわかりましたよね。

 

はい、瞑想です。

 

 

こちらの記事を読んで、瞑想を始めましょう。

 

 

 

もっと判断力を鍛えたいという方はこちらをチェック↓

 

 

結論

魚のようにかじられたくなければ瞑想をする。

 

 

この記事がおもしろかったら、いいねやシェアお願いします。