夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 水野敬也

夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 水野敬也

 

 

 

僕の大好きな水野敬也さんの久々の新作。

水野さんの本とあっちゃあ、今読んでる本をすっ飛ばして先に読むしかないっす。

 

今回も人間味溢れる神様、『夢をかなえるゾウ』ことガネーシャが課題を出して、課題を出された人間がそれをクリアして少しずつ成長していく、という物語。

しかし、今回のストーリーは今までと少し違います。
今回ガネーシャの課題に挑戦する人間は、余命3か月を宣告されたごく普通のサラリーマン。

終盤には大どんでん返しがあり、水野さんらしい笑いも随所にちりばめられ、クスッと笑いながらも考えさせられる内容でした。

 

そして今回、僕にも大きな変化がありました。

過去の三作を読む時まではストーリーにのめり込んでいましたが、今回は一歩引いて本書を読み進めていました。

 

以下の3点を考えている自分に気づかされました。

①偉人の逸話や名言は話に説得力を持たせる

②この部分の話はあの本から抜粋したんだろうな

③水野さんも瞑想してるから、これはそこから引っ張ってきた概念だろうな

など考えている自分がいましたね。

 

というのも、僕もこれまでに6冊の電子書籍を出したり400記事以上ブログを書いてきたので、『書く側』の視点を得たからでしょう。

 

そんな風に、個人的には自分の変化も楽しめた本でした。

またしばらくしたら、もう一度読んでみたい。

 

僕たちは日頃『死』を意識しないで生きているが、『死』を意識して行動するとどうなるのか。

おもしろいですよ。