ファスト&スロー ダニエル・カーネマン

ファスト&スロー ダニエル・カーネマン

 

 

あなたの決断は本当に正しいと思いますか?

 

実は、僕たち人間は自分で気づいてなくても、常に『バイアス』という思い込みや偏見に支配されて物事を判断しています。

 

人間は1日に3万5000回の決断をしていると言われています。
そのほとんどが思い込みや偏見に影響を受けて判断しているとしたら、かなり怖くないですか?

 

バイアスの中でわかりやすいのが『確証バイアス』と言われる、一度決断した場合、それを支持する意見や情報しか集めなくなる反応。

 

例えば、フェラーリの購入を検討した場合、確証バイアスによって、カッコ良さ、馬力、スピードなどのメリットばかりに目が行き、燃費の悪さ、高額なメンテナンス費用、などのデメリットには目が行かなくなる傾向にあります。

 

僕たち人間は、感情や環境によっても意思決定に影響が出る。

 

一番わかりやすい例が、仮釈放判定人たちの時間ごとのデータを取った話。

仮釈放するかしないかの判断は公平に行われているかと思いきや、食事休憩後がもっとも許可率が高かった。

 

このように、僕たちの意思決定はよく考え抜いた末の決断ではなく、ほとんどバイアス(思い込みや偏見)に支配されているのだ。

 

ベストとは言わずともベターな判断がしたいのなら、僕たち人間がどんな思考の癖があるのか、どんなバイアスがあるのかをこの本で学ぶといいだろう。

 

1日3万5000回の意思決定でベターな意思決定が増えるほど、人生も良い方向に進んでいくのではないだろうか。