【超気持ちいいサウンド!】スバルR2 零1000パワーチャンバー取付 カスタム プチチューニング

NO IMAGE

 

 

どうも、ユウマです。かれこれ10年くらい車イジリをしている素人です。

エンジンO/H以外のほとんどの整備を自分でやってきました。ゆくゆくはチューニングもですが、まずは自動車整備を極めることを目標にしています。

そして現在、スバルR2をスターウォーズのR2-D2号にカスタムして、スバルR2日本一周計画」進行中です。

 

 

しかし、大問題が発生して車を乗り換え再スタートを切りました。

こちらをチェック↓

 

 

今回はR2カスタムの定番「零1000パワーチャンバー」を取り付けていきます。

 

 

車のスペック

2006年式 スバル R2 R 4WD MT

走行距離 11万2500キロ

エンジンEN07 DOHC NA

 

 

取付方法

走行テスト含む、取付動画をYouTubeにあげてるので、チェックしてみてください。

 

 

取付後の変化

エアクリ交換で懸念される低速トルクの低下は、僕みたいな鈍感なセンサーしか持たない素人には感じられませんでした。

一方で、高回転域では若干のパワーアップがあったような気がします。これも思い込みによるかもしれませんけどね。

ただひとつはっきりと言えることは、

 

吸気サウンドが超気持ちいい!!!

 

運転を楽しくさせてくれる、いや、やる気にさせてくれるサウンドです。

この音、4連スロットルにしているAE86みたいな音がします。ホットバージョンに出てくるドリキン土屋圭市さんの86ような感じです。

 

この点だけでも、パワーチャンバーに交換した甲斐があるというものです。

 

 

 

まとめ

車いじりを楽しむなら今しかありません。というのも、今後数年では確実に電気自動車が普及してくるし、その後には自動運転も控えていて僕たちが運転する機会自体が減っていくことが予想されます。

 

 

ということは、あれこれ迷っている暇はありません。今車いじりを楽しむしかありません。

このエアクリの取付自体は30分以内で終わるものなので、交換しようか迷っている人はぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

前回取り付けたオイルキャッチタンクについてはこちらから↓

 

 

R2-D2号のこれまでの内装カスタムを中心に撮影した、この動画も要チェックですよ!

 

 

 

かっこいいR2-D2号を完成させるために、カスタムのアイデアやおすすめアイテムを教えていただけると嬉しいです。

チャンネル登録もよろしくです。

 

 

Yuma’s LIFE

 

 

 

この車を使って映画のシーンを再現しています。ぜひチェックされたし!

 

 

 

最後に、スバルR2をR2-D2号にして日本一周する、なんてとんでもないことを考えてる僕が書いた『とんでもない冒険記』を紹介します。

『冒険で学ぶ人生のサバイバル術(上)(下)』、もし興味があればチェックしてみてください。

Kindle Unlimitedで無料となっています。

Kindle Unlimitedに入ってなくても、冒頭部分は無料で読めます。