手紙 東野圭吾

手紙 東野圭吾

 

 

タイトルからHYの『てがみ』っていう曲を連想したので恋愛モノかと思いきや、全然違いましたわ。笑

 

早くして両親に先立たれた兄弟。
高校生の弟を大学に行かせてやるために、兄は必死に働いた。

しかし、体を壊してしまってなかなか思うようにお金が稼げない中、資産家の老婆が1人で住む家に強盗に入ることを思いついた。

実際に犯行に及んだ兄だったが、運悪く老婆と鉢合わせてしまい、弾みで老婆を殺してしまった。

兄が捕まると同時に、弟には『殺人犯の弟』という恐ろしいレッテルが貼られてしまったのだ。

そこから弟の生活は激変していき、常に『殺人犯の弟』として周りから扱われるようになるのであった。

 

レッテルを貼られるというのは、心理学では『ラベリング』と言われていて、良くも悪くも強烈な効果がある。

一度レッテルを貼られてしまうと、それを覆すのはかなり難しい。

 

その弟が『殺人犯の弟』というレッテルともに、どんな困難に遭い、どう立ち向かっていくのかという話である。

 

差別される側、差別する側、弟の周りの人達、いろんな視点から物事を考えさせられる作品でした。

自分だけは絶対に差別しない、と思っていても、実際にその境遇になってみないとどんな行動を取るのかはわからないものです。

このような疑似体験ができるから、やっぱり小説はおもしろいですね。