よくわかるメタファー 瀬戸賢一

よくわかるメタファー 瀬戸賢一

 

 

メタファーとは何か知ってますか?

メタファーとはたとえ表現のことです。
聞き慣れないですよね。

でも『たとえ表現』は、僕たちが言葉を理解するのに欠かせないもので、日常でもよく使われています。

 

例、彼女は高嶺の花だ。

直訳すると、彼女は遠い峰に咲いている花ということになり、それが転じて、憧れているだけで自分には手に入れられない女性、となりますね。

 

本書では、そんなたとえ表現の解説だけでなく、著者の『言葉についての考察』がたくさんあって、かなりおもしろかったです。

あなたは『時間』を直接あなたの目で見たことはありますか?

『時間』は時計で確認することはできても、『時間』自体を直接見ることはできないですよね。

『時間』は目に見える形では存在してません。

それなのに、なぜ、5分前や5分後のように『前』と『後ろ』のように、物理的な位置を表す言葉が使われるのでしょうか。

なぜ、右や左では表さないのでしょうか。

不思議ですよね。

こういった視点から言葉を見てみると、おもしろいです。

この本が言葉のおもしろさを教えてくれます。

あなたが普段何気なく使っている『言葉』についてさらに理解できれば、相手にとってわかりやすい話ができ、説得力が増すでしょう。

この本がそのキッカケになるかもしれませんね。