SUBARU R2 リアバンパー塗装 失敗例

SUBARU R2 リアバンパー塗装 失敗例

 

 

どうも、ユウマです。かれこれ10年くらい車イジリをしている素人です。

エンジンO/H以外のほとんどの整備を自分でやってきました。ゆくゆくはチューニングもですが、まずは自動車整備を極めることを目標にしています。

そして現在、「スバルR2日本一周計画」進行中です。

 

 

※この記事では、僕の塗装失敗例をもとにうまく塗装する方法を考察していきます。

 

電子書籍の執筆(”4冊目の電子書籍を出版しました”参照)に集中していたので、リアバンパーの下地処理、プラサフ塗装からだいぶ日が経ってしまいましたが、リアバンパーのことを思い出して仕上げの塗装にチャレンジしてみました。

 

 

重大発表

塗装を進めていく前に、ちょっとした変更点を発表します。

塗装を始める前までは、青と黒のツートンカラーにする予定でしたが、それじゃおもしろくない、ということで色を変更します。

R2といえば、あと2文字つけ足すとあの有名映画のキャラクターを連想させます。

ということで、あのキャラクターをテーマに、青と白のツートンカラーにすることにしました。

全部塗装が終わったのち、リアハッチについている「R2」のところにあと2文字もつけ足します。

それをもって、塗装プロジェクトの完了とします。

 

なんのキャラクターか、大方察しはつくかと思いますが、答え合わせは1、2か後になります。

 

どうぞ、お楽しみに!

では、さっそく作業に参りましょう!

 

 

塗装環境

気温25℃

湿度60%

風 弱

場所 自宅外

 

 

手順

 

マスキング(写真を撮り忘れたため、プラサフ塗装時のもの)

 

 

脱脂→ベースカラー塗装

※注意点は薄く、3〜5分乾かして半ツヤになるまで待ち、再度塗り重ねていく。プラサフが見えなくなりしっかりと色が乗るまで。

 

 

 

クリア塗装

ベースカラーを30分ほど乾燥させて、ツヤが引くまで待ちます。そのあと、ツヤを出すためにクリアをベースカラーより厚めに塗っていきます。3〜5層重ねたらいいんじゃないでしょうか。

これくらいツヤが出せれば、仕上げの磨きできれいになりそうです。

 

 

 

失敗例

 

1.ホコリ

屋外での塗装はホコリがつくことがあります。

 

 

対策

乾くまで待って、マスキングテープを丸めたものでペタペタとくっつけて取り除きます。

 

 

 

 

2.液だれ

ツヤを出そうとクリアを塗りすぎたため、液垂れしてしまいました。しかも僕の場合、ちょっとの修正でどうにかなるものではありません。

 

 

対策

塗り過ぎは禁物です。

こうなってしまっては、やり直すしかありません。800番ー1000番と磨いていって、もう一度塗装します。

 

 

まとめ

塗装をする際に重要なこと

・環境(晴れていて、湿度が高くなく、風がない日)

・薄く、薄く塗り重ねていく

・失敗してもあわてない(乾いてから対処する)

 

これらを頭に入れて、次回「リカバリー」に挑戦したいと思います。

 

 

とりあえずは、青と白のツートンだとこうなります。

 

 

 

この記事が役に立ったら、いいねやシェアお願いします!