戦略家の支援の目的

戦略家の支援の目的

 

 

どうも、ゆうまです。

今回は、現在僕がチームで取り組んでいる 『ジャムおじさんプロジェクト』に驚きの額を支援していただいた方の支援の目的を明かしていきます。

その方の肩書き、特徴、支援の目的を順序よく解説していきますね。

 

 

 

 

 

肩書き

 

まずはじめに、僕とこの方の関係をはっきりさせておきましょう。

 

彼の名前は、宮国卓巳(みやくにたくみ)

彼と僕は、7、8年前まで社会人サッカーチームの元チームメイト同士でした。

僕より3つ年上の先輩ですね。

 

その当時、内向型で人見知りでコミュ障の僕はチームでも新入りの部類だったので、打ち解けられたチームメイトは少数で、先輩とはプライベートな話を全くしたことがありませんでした。

しかし、5年前に僕がAirbnb(エアビーという民泊)を始めたことで僕に興味をもってくれて、先輩とサッカー以外での交流を持つようになりました。

 

先輩がチームを抜けて数年、さらにそこからこの5年で、先輩の肩書きがとんでもないことになっていました。

どんな肩書きだと思いますか?

もし当てられたら、この記事のコメント欄でもいいので教えてくださいね。

 

それでは一緒に見ていきましょうか。

 

ちなみに、この先輩の戦国武将のような緻密な戦略を先にチェックすると、この記事をさらにおもしろく読み進められると思いますよ。

 

 

 

宮国卓巳(みやくにたくみ)という男

沖縄県出身、1985年生まれ。

主な肩書きは以下の2つ。

 

①(有)テレコムシステム(通信事業) 代表取締役社長

https://www.telecom-s.co.jp/greeting/html/

 

②CENTURY 21 SYUHARI センチュリー21シュハリ(不動産業) 代表取締役社長

https://www.century21syuhari.jp/%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E8%80%85%E6%8C%A8%E6%8B%B6/

 

※『SYUHARI(しゅはり)』には、僕たちの想像を超えるすごい意味があります。リンク先で答えをチェックしてみてください。

答えはこちら↓

しゅはりの意味

 

 

ちなみに、この間紹介した豆腐の移動販売は、2019年10月にオープンしたばかりのセンチュリー21 SYUHARIの宣伝を狙って始めたようです。

 

詳しくはこちら↓

 

 

特徴

宮国卓巳という男の特徴を3つ挙げるなら、飽くなき挑戦心、ルフィのような仲間を思う心、良いサイコパスの3つでしょう。

それでは、ひとつずつ説明していきますね。

 

 

①飽くなき挑戦心

通信事業で大阪と福岡に進出。不動産業、豆腐の移動販売に挑戦したように、宮国卓巳という男は常に何かに挑戦しています。

しかも、いつも挑戦する前に必ず周りの人たちに宣言して、自らやらざるを得ない状況に追い込みます。その結果、行動し続けるので、ほとんどの場合は結果を残していくんですよね。

 

本人いわく、社長がおもしろいことにチャレンジし続けて結果も残すから社員たちにも良い影響を与えられる、ゆえに、自分の会社にいるメリットを生み出している、とのこと。

 

なるほど、生産性が高かったり自制心が高い人が近くにいると、周りの人の生産性や自制心も高まることが科学的に証明されている通り、たくみさんの行動や思考は理にかなっているわけなんですねー。

 

そんなわけで、僕がたくみさんと食事に行って話すと、僕もやってやる!、とモチベーションがかなり高まるわけであります。

 

 

②ルフィのような仲間を思う心

宮国卓巳という男はワンピースのルフィのように、仲間を大切にします。

本人が常々おしゃってるのが、「仲間と一緒に成長して成功していきたい」ということ。

 

実は、たくみさんの会社の社員さんたちのほとんどが、本人の幼なじみ。一緒にサッカーをして切磋琢磨してきた仲間なんです。

それゆえ、全員の性格や能力をよく把握しているので、お互いに全服の信頼を置いているようです。

僕も彼らのことを知っていますが、全員がかなりの努力家でしっかりと意見を言い合える素晴らしいチームだと感じました。

 

それだけでなく、実は、冒頭で述べた「仲間と一緒に成長して成功していきたい」『仲間』社員さんたちだけでなく、たくみさんが主催する飲み会のメンバー全員が含まれます。

それで僕のこともいつも気にかけてもらってます。ありがたい限りです。

 

※この飲み会では、ほとんどの場合が最近学んだ知識や挑戦したことを共有する場で、かなりモチベーションが高まります。

 

 

③良いサイコパス

冗談か本気かはわかりませんが、宮国卓巳という男は時々「オレ、サイコパスかも」と言います。

 

普通、サイコパスと聞いたら連続殺人犯を思い浮かべてしまいますよね。

しかし、最近の研究でサイコパスにはレベルがあって、高すぎれば殺人犯などの悪い方向へ、程よいレベルであれば人生で成功を収めやすいことが判明しています。

サイコパスは経営者、弁護士、外科医、記者などに多いとされています。

それに、瞑想の達人であるお坊さんの脳波は、サイコパスと同じであることもわかっています。

 

サイコパスの特徴として、以下のものが挙げられます。

 

・高い集中力

・自信

・重圧下での冷静さ

・精神的な強さ

・魅力

・カリスマ性

・恐怖心の欠如

・共感力の低さ

・冷酷

・衝動性

・良心の欠如

 

これらのほとんどが、経営者であるたくみさんにとって有利だと思いませんか?

包丁をうまく使えば美味しい料理ができるけど、悪く使えば人を殺すこともできますよね。

能力は使い方次第なんです。

 

たくみさんいわく、

最初は仲間を社員にする度に「人生を半分預かる」ってことでプレッシャーがあったけど、今はそれも感じなくなっている。

挑戦にはリスクが付き物だから、守りに入って挑戦しない人生よりも、挑戦して失敗して切腹した方がましだ、

とのこと。

 

たくみさんがサイコパスでも、サイコパスじゃなくてもいいけど、カッコ良すぎる!!笑

ほかにもすごい特徴があるんですが、今回はこの辺にしておきましょう。

 

 

僕たちが、感情に振り回されないサイコパスから学べることはたくさんあります。

サイコパスに関するおすすめ本↓

 

 

次はいよいよ、僕たちの「ジャムおじさんプロジェクト」への支援の目的を発表します。

 

支援の目的

ここまで宮国卓巳という人物の肩書きや特徴を述べてきましたが、この記事のハイライトはこちら。

たくみさんの支援の目的は、ずばり、たくみさん自身のことや、オープンしたばかりのセンチュリー21 SHUHARIをもっと世間に知ってもらうこと。

 

たくみさんには社会を良くするという強い思いがあって、社会を良くするには影響力を持つ、影響力を持つには世間に知ってもらう必要があるわけです。

 

そうですよね、もし僕のジャムおじさんプロジェクトが盛り上がって大成功するならかなりの注目が集まるので、たくみさんにとって良い広告媒体になりますよね。

これぞまさしく、仲間と一緒に成長して成功していく、ですね。

 

だからこそ、たくみさんを含め、僕も支援していただく個人事業主さま、企業さまにはこのプロジェクトを広告媒体としても、最大限に活用してもらいたいと思っています。

というわけで、プロジェクトが盛り上がるように、今まで得た知識や経験をすべて注いで大成功を目指しています。

 

 

まとめ

ある飲み会で、たくみさんが真面目な顔でこう言い放ちました。

 

吉田松陰や坂本龍馬は30代前半までに社会に影響を与えるような大きなことを成し遂げたのに、オレは成し遂げられてない!

 

この男は、現代に生きる武士道を持った開拓者である。

成功するまで行動し続ける男なので、これから彼がさらに何を成し遂げていくのか、今から注目してみるとおもしろいだろう。

 

インスタでフォローはこちら↓

CENTURY 21 SYUHARI

 

ということは、僕を含めた彼の飲み会に参加しているメンバーは、幕末より明治期の日本を引っ張った人材を多数輩出した吉田松陰の松下村塾門下生、といったところか。

 

やばい、この記事を書いているだけでウズウズしてきた。やったろうじゃないの。

というわけで、僕たちの「ジャムおじさんプロジェクト」にも注目してみるとおもしろいだろう。笑

 

 

この記事がおもしろかったら、いいねやシェアよろしくお願いします。