よくわかるACT ラス・ハリス

よくわかるACT ラス・ハリス

 

 

誰にでも、怒りや悲しみだったり、極度の不安に陥るなど、ネガティブな感情や思考に捉われることがある。

 

 

そんな時には、自分の人生を向上させるのに有効な行動を取ることは難しい。

 

 

例、対人不安がある場合

 

『あの人に嫌われたかもしれない』と事実かはわからないことで何度も悩む

 

『どうせ僕なんか誰にも相手してもらえないから、人に会いたくない』という回避行動を取る

 

 

このようにネガティブな思考や感情に捉われるのは、人間として普通のことである。

 

 

自分の思考や感情に気づき、受け容れ、自分の価値に沿った行動を取る、といったことを目標にしているのが『ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)』である。

 

ACTは心理療法のひとつだが、これを使いこなせると、逆境に強くなるだろう。
きっと他人に対してもやさしくなれると思う。

 

なぜなら僕たち人間は、自分で思っているほど強くはないからである。

 

 

これは、先日紹介した『幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない』『相手は変えられない ならば 自分が変わればいい』の著者ラス・ハリスさんの本である。

 

 

こちらは、上に挙げた2冊よりも専門的でプロのカウンセラーなどが読むような本ではあるが、ACTの入門書ということで、さらに理解しやすくなっている。

 

 

別に僕はカウンセラーとかセラピストになるつもりはないけど、知ってて損することでもないので学ぶ。
学んで実践するのみ。

 

コミュ力向上にも、きっと役立つであろう。