共感的傾聴術 古宮昇

共感的傾聴術 古宮昇

 

 

相手の話を聞く際に、僕たちがやってしまいがちなことは以下のようなものだろう。

 

①相手の話していることに対して、良し悪しの評価をする

②相手が話している途中でも、自分が次に何を話すか考えている

③相手の話の腰を折る(相手が話し終わるのを待たずに、自分が話し始める)

 

 

この3つは傾聴(相手の話を深く聞くこと)する上で、やってはいけない行為の代表格である。

 

さらに、共感的傾聴では、傾聴でよく言われる、相づち、相手の言葉をオウム返し、などでは十分ではない。

そもそも僕たち人間は、自分の感情や思考を言葉にするのが苦手だし、それを他人に伝えることはもっと難しい。

よって、相手がすべてを話していると思わない方が無難だろう。

 

それを引き出すには聞く側が、『ありのままの相手』を受け容れ、共感してあげることが重要である。

 

幼少期の僕たちが、どれくらい、どのように両親から『無償の愛』をもらってきたかで、今の自分の価値観や、他人とのコミュニケーションの取り方が変わってくる。

 

 

本書でそれらを理論的に理解して、どのように共感を示してあげればいいのか、ということを学んでいく。

 

 

カウンセラーが『ありのままの自分』を受け容れてくれると知ると、相談者は話しやすくなり、少しずつ自分の考えを整理して行動を改善するようになる。

 

やはり、僕たちは他人に指示されるよりも、自分で導き出した結論で行動を起こしやすいものだ。

 

何度言っても行動が変わらない人がいるのは、そのためだ。

 

『聞くこと』がいかに大事かがわかる本でした。