PIXAR ピクサー 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

PIXAR ピクサー 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

 

 

今まで書店には、ピクサーの『クリエイティビティ(創造性)』についての本はありましたが、それ以外に関する本を見たことなかったですよね?

 

この本は、ピクサーが今のように有名になる前のだいぶ前の話。

 

『トイ・ストーリー』すら出ていない頃、スティーブ・ジョブズがピクサーを買い取り、CEOとなっていた。

 

その頃から、ピクサーは凄まじい創造性を待っていたが、資金面で苦労していた。

 

そんな中、スティーブ・ジョブズに声をかけられたのが著者で、CFO(最高財務責任者)に就任した。

 

その間、『トイ・ストーリー』を大成功させ、『バグズ・ライフ』『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』など、次々と大ヒット作を生み出していった。

 

 

その裏では、製作費の提供を受けていたディズニーとの金銭面での交渉など、スティーブ・ジョブズや著書たちによる相当な苦労もあったのだ。

 

 

その後、ピクサーはディズニーに買収され、ディズニーの子会社となった。

 

 

その後の著者の決断も興味深いものでした。

 

 

著者の視点から語られたストーリは、臨場感があり、彼の思考や感情がひしひしと伝わってきました。

 

スティーブ・ジョブズと共に著者がミッションをクリアしていく様は、受験の合否を見るようなドキドキ感がありました。

 

本書では、スティーブ・ジョブズ関連の本では見ることができない彼の別の面も見れて、非常に興味深いものでした。

 

ピクサーの大成功の裏には、相当な苦労があったんですねぇ。

 

久しぶりにピクサーの映画観たくなってきましたよ。
『トイ・ストーリー』から観ようかなっと。