SUBARU R2 リアバンパー外し 下地処理 プラサフ塗装編

SUBARU R2 リアバンパー外し 下地処理 プラサフ塗装編

 

 

どうも、ユウマです。かれこれ10年くらい車イジリをしている素人です。

エンジンO/H以外のほとんどの整備を自分でやってきました。ゆくゆくはチューニングもですが、まずは自動車整備を極めることを目標にしています。

そして現在、「スバルR2日本一周計画」進行中です。

 

 

今回は、先日行ったペーパーがけまで終わったリアバンパーのプラサフ塗装です。

こちらをチェック

 

※この記事では、リアバンパーの外し方の説明、プラサフ塗装の作業報告をしていきます。

 

マスキングする範囲が少なくできる、塗りやすいということで、リアバンパーを外してから塗装します。

 

 

準備するもの

・ソケット10ミリ

・ラチェット

・プラスドライバー

・シリコンリムーバー

・キッチンペーパー

・バンパープライマー

・プラサフ

 

作業手順

1.ボルト、ネジを緩める

リアハッチ側10ミリのボルト4本、ナンバープレート側2本、タイヤハウス側ネジ2本、バンパー下側クリップ2つ外せば、リアバンパーが分離できます。

 

 

 

 

 

2.カプラーを外す

スペアタイヤそばのカプラーとゴム栓を外します。

 

 

 

3.バンパーを外す

フロントバンパーみたいに左右の上部は小さいツメで引っかかっていますので、折らないように中止ながら剥がしていくとリアバンパーが外れます。

リアバンパーの外し方はここでです。

 

 

4.マスキング

塗料がつかないようにマスキングしていきます。

パンチラならぬ、タイヤチラ。セクシーなR2ですね。

 

 

 

5.脱脂とバンパープライマー

シリコンリムーバーをかけてキッチンペーパーで拭き取ります。

そのあとバンパープライマーなんですが、僕は塗り忘れました。泣

 

6.プラサフ塗装

プラサフを薄く3〜5回塗り重ねていきます。1回塗ったら、5分〜10分乾燥させます。

 

 

1回目、めっちゃムラがあります。素人だからしょうがない。あわてないあわてない。

 

 

2回目、下地が隠れてきましたが、まだ見えます。このあと、あと2回塗り重ねました。

 

裏技

屋外での塗装なので、ホコリがつくのはしょうがないです。そのときに慌てて触ってはいけません。

乾くのを待って、マスキングテープの粘着面を重ねて輪っかにして、粘着面をホコリに当てて、ペタペタやれば大抵は除去できます。

 

7.乾燥させる

30分以上乾燥させたらプラサフ塗装は完了です。

今日の作業はこれでおしまいなので、マスキングを剥がしてリアバンパーを取り付けます。

 

 

作業時間はバンパー脱着も合わせて2時間ちょっとでした。

 

 

まとめ

前回インパネを塗装したことにより、缶スプレーの塗り方が少し上手になった気がします。やっててよかった、インパネを使った塗装練習(公文式)。

次回は、プラサフの表面をサンドペーパーで足付けして、ベースカラーとクリアの塗装をやっていきます。

お楽しみに!

 

インパネ塗装はこちらをチェック

 

 

 

重要なお知らせ

 

エアビー(民泊)のホストをしていた僕の、世に出すべきではないゲストとのあんなことやこんなこと、エッセイ集にして白状しました。

舞台は、沖縄から南米ブラジルやアルゼンチンにまで及び、共演者は、沖縄の子供からアジア人、南米人、フランス人、ヨーロッパの金髪美女とインターナショナル。

ヨーロッパの金髪美女がウチに泊まりに来た時ほどテンションが上がることは、この先体験できないでしょう。

 

※kindle unlimitedに加入している方は無料で読めますので、ちょっと覗いてみてください。

 

https://amzn.to/2MV5P1p

 

 

この記事があなたの役に立ったら、いいねやシェアお願いします。