「影響言語」で人を動かす シェリー・ローズ・シャーベイ

「影響言語」で人を動かす シェリー・ローズ・シャーベイ

 

 

あなたは、「なぜこの人は何回同じこと言っても理解してくれないんだろう?」
と思ったことはありませんか?

 

 

それは、あなたがその人にとっての外国語で話しているからです。人はそれぞれ、思考パターンが違っており、その人が理解したりやる気になったりする言葉が違います。例え同じ日本人でも。

 

その人によりよく理解してもらったり、やる気を出させる言葉、それを『影響言語』と言います。

 

 

この本では、いろいろな質問によって相手を!14カテゴリー37種類のパターンの組み合わせとして分析します。

相手の思考パターンを見分けられると相手の肯定的な反応を引き出す言葉を意識的に使うことができるようになります。

 

例、日本語をうまく話せないけど英語が得意な人には、日本語で話すより英語でメッセージを伝えることが相手の思考パターンに一致していて理解しやすい言葉になります。

はやく行動したくてウズウズしている人には、じっと考えることのメリットを話すよりも、すぐに行動に移すことの重要性を強調したほうが話に耳を傾けてくれます。

 

このように相手の世界観や思考パターンにピッタリあった言葉を使うことができれば、伝えているメッセージの一言一言が相手の心に響きます。

 

またまた面白い本に出会えました。さ、知識を得たら、実践あるのみ。より良いコミュケーションを目指してがんばります。