心理学

1/2ページ

【自分と他人の性格を知るにはこれ】パーソナリティを科学する ダニエル・ネトル

    現在、科学的にもっとも信憑性の高い性格診断が「ビッグファイブ(特性5因子)」と言われています。 「Aさんは外向的で羨ましいな、僕もああなれたらな」「気づかなかったけど、あの人メンヘラじゃん」「あの人好奇心、強過ぎ!」、こんなこと思ったことありませんか? これらは実は、5割が遺伝で決まるという性格特性からきているんです。   本書でビッグファイブを知ることで自分 […]

【なぜその行動は繰り返されるのか】うまくやるための強化の原理 カレン・プライア

    僕たちは普段、その人がある行動をするのはその人自身の性格によるものと思いがちですが、本書を読めば人間の行動の原理を知り、なぜ人間がある行動を繰り返すようになるのか、もしくはある行動をやめるようになるのかを理解できるようになります。   例えば、幼い子供がスーパーで泣きながら駄々をこねているとしましょう。 その時に母親がどう対応するかでその子が今後、駄々をこねる […]

【読書】投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス

    世界一の投資家のウォーレン・バフェットが推薦するという本書を読んでみました。 本書が示す「投資で一番大切な20の教え」とは以下の通りです。     1・二次的思考をめぐらす 2・市場の効率性(とその限界)を理解する 3・バリュー投資を行う 4・価格と価値の関係性に目を向ける 5・リスクを理解する 6・リスクを認識する 7・リスクをコントロールする 8 […]

【絶対に関わりたくない】診断名サイコパス ロバート・ヘア

    本書は、以前に僕が読んだケヴィン・ダットンの「サイコパス 秘められた能力」と「サイコパスに学ぶ成功法則」とは違って、連続殺人犯に見られるような僕たちのイメージ通りの「悪いサイコパス」に焦点を当てたものです。 サイコパス研究の第一人者である著者が、これまでにインタビューしたり調べたサイコパスの犯罪者たちの思考や行動が明らかになります。   本書を読むことによって […]

平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 M・スコット・ペック

  あなたは、自分が騙されていることに気づいてないだけかもしれない。   前回僕が紹介した「他人を支配したがる人たち」から派生して今回は、「平気でうそをつく人たち」を紹介します。     「平気でうそをつく人」でわかりやすい例といえば、メディアではないでしょうか。 芸能人の不倫などのスキャンダルを取り上げて際に、不倫という事実にさらにプラスアルファで話を盛っ […]

他人を支配したがる人たち 身近にいる「マニピュレーター」の脅威 ジョージ・サイモン

    『あなたを操ろうとする人、周りにいませんか?』     彼らは物事を自分の思い通りにするために、ありとあらゆる手を使って周りのものをコントロールしようとします。     それはさまざまな手口なので、なかなか気づきにくい部分もあります。   例えば、親として子供の良くない態度を問い詰めているのに、『お母さんはいつも僕のこと […]

【知らなきゃ損する人間の性質】ファスト&スロー ダニエル・カーネマン

    あなたの決断は本当に正しいと思いますか?   実は、僕たち人間は自分で気づいてなくても、常に『バイアス』という思い込みや偏見に支配されて物事を判断しています。   人間は1日に3万5000回の決断をしていると言われています。 そのほとんどが思い込みや偏見に影響を受けて判断しているとしたら、かなり怖くないですか?   バイアスの中でわかりやす […]

スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル

    『ストレスはなくならない。それならば味方にすればいい』   あなたはストレスに対してどんなイメージを持っていますか?   もし『避けるべきもの』と思っているなら、この本を読んで考え直した方がいいかもしれません。     というのも、ストレスをネガティブに捉える人は、ストレスをうまく利用している人と比べて〇〇年も […]

フロー体験 喜びの現象学 ミハリー・チクセントミハイ

    『あなたは、どちらが幸福を感じやすいと思いますか?』   A.テレビを観ているとき B.仕事をしているとき     答えは、Bです。   しかし、それにはフロー体験にある、つまり、スポーツでよくある『ゾーンに入る』状態である、という条件がつきます。   スポーツだけに起こると思われるフロー体験は、 […]

良好な人間関係を築き、ストレスを軽減する方法

    どうも、ゆうまです。 二十代前半までは、典型的な内向型で人見知りのコミュ障でした。 今までの僕のコミュニケーションの方法は、相手との争いを避けたいがために、自分の思考や感情を押し殺して相手に合わせるというものでした。 最初のうちは問題なくても、それが原因で長期的なつきあいでは大きなトラブルに見舞われました。     今回僕が紹介するコミュニケーション […]