SUBARU R2 EN07(SOHC NA)にエンジンコンディショナーとワコーズフューエルワンを使ってみた 吸気系洗浄

SUBARU R2 EN07(SOHC NA)にエンジンコンディショナーとワコーズフューエルワンを使ってみた 吸気系洗浄

 

どうも、ユウマです。かれこれ10年くらい車イジリをしている素人です。

エンジンO/H以外のほとんどの整備を自分でやってきました。ゆくゆくはチューニングもですが、まずは自動車整備を極めることを目標にしています。(今のところ、板金は除く)

そして現在、「スバルR2 日本一周計画」進行中です。

 

 

前回、ヘッドを下ろしてヘッドガスケット交換をした際、ピストンやバルブにカーボンスラッジがこびりついたのを確認しました。

 

 

 

そのときにエンジンコンディショナーをぶっかけて洗浄してしまえばよかったのですが、すっかり忘れていました。

デスビOリング交換も終わり、オイル漏れを解決すると今度は欲が出てくるもので、吸気系の洗浄を行うことにしました。

やはり、あのどす黒いピストンとバルブを野放しにはできません。

 

今回使うのはこちらの2点

 

僕の車のスペック

平成16年式 CBA-RC1 エンジンEN07 SOHC(シングルカム) NA 5MT FF車

走行距離 25万キロ

 

作業手順

 

1.エアインテークパイプを外す

8ミリもしくは、マイナスドライバーでバンドを緩めて、インテークパイプを取っ払いましょう。

 

 

 

 

2.エンジンコンディショナーを注入する

エンジンをかけて数分アイドリングをしたあと、エンジンが止まらないように赤◯の部分を回してスロットルを開きながら、エンジンコンディショナーを30〜40秒ほどスロットル内に噴射します。

白煙が出るらしいのですが、ひとりで作業してるので・・・見えるか、ボケー。

 

 

 

終わったら、インテークパイプを元通りにして作業完了です。仕上げに、ガソリンタンクにフューエルワンをぶち込んで全行程終了です。

走りながら洗浄する。

 

 

 

スロットルセンサーに影響したのでしょうか、しばらく電動パワステの警告灯がついてましたが、一度エンジンを切ってしばらく待って、再びエンジンをかけると消えていました。

 

 

効果

今までアイドリングに少しばらつきがあったのですが、洗浄後はアイドリングが安定して音も静かになりました。運転してみると、明らかに吹け上がりが良くなりました。レブリミットまでブンブン回り、エキマニが割れたときほどではありませんが、4気筒エンジンの音がレーシーに聞こえます。(前からだけど)

僕のR2はエンジンだけは、絶好調です!!

ボディは、フェンダー内やラジエターコアサポート近辺がサビだらけで、今日も刻一刻と死期が近づいてきております。

 

 

重要なお知らせ

 

エアビー(民泊)のホストをしていた僕の、世に出すべきではないゲストとのあんなことやこんなこと、エッセイ集で白状しました。

舞台は、沖縄から南米ブラジルやアルゼンチンにまで及び、共演者は、沖縄の子供からアジア人、南米人、フランス人、ヨーロッパの金髪美女とインターナショナル。

ヨーロッパの金髪美女がウチに泊まりに来た時ほどテンションが上がることは、この先体験できないでしょう。

 

※kindle unlimitedに加入している方は無料で読めますので、ちょっと覗いてみてください。

 

https://amzn.to/2MV5P1p

 

 

 

 

 

 

この記事があなたの役に立ったら、いいねやシェアお願いします。